ブログトップ

つまみ細工鶫屋(つぐみや)つれづれなるまま日記

こんばんは。つまみ細工の鶫屋です。
先ほど、穂積実先生(千葉県の伝統工芸士さんで、私の師でもあります)とお話ししていました。
パワーみなぎる先生とのお話しは、気持ちが高まりますね!お話しできて幸せです!


さて、いろいろなところで、つまみ細工の【認定講師】が誕生しているようですが、
久しぶりに「認定講師とは?」を書かせていただきます。(ちょっとアツイです)

ウワサでは、レッスンを受けたら認定講師になれるというところもあるそうです。
鶫屋ではHPに記載しています、通信講座1~5、かんざし作品全て(指定外のかんざしもあります)の受講とアドバイスを受けてからの試験となり、
長い道のりに感じるかたもいるでしょう。
つまみ細工を本を読みながら作ったことのあるかた、他でレッスンを受けたかたにとっては、
また1から始めないとテストを受けられないのか・・・と思うのかもしれません。
でも、それは講師を考える皆さんには必要なことなのです。

簡単な作品もあるかもしれませんが、作品ごとに吸収できることって、必ずあります。
鶫屋は作品ごとに新しいアレンジや仕掛け、まとめ方など、それぞれにプラスして講座をすすめています。
たくさんの方法や型をお教えして、認定講師はレッスン内容を考えてほしいと思っています。

例えば、通信講座1は、経験者から見ると、簡単な作品ばかりですが、
スムーズにレベルアップできる仕組みとなっています。体験したかたは、わかると思います。
バラのキャンディBOXでは、「こんなにつまむの?」と思うかたも多かったでしょう。
たくさんつまむのって、嫌われますが、・・・この1回だけ頑張ってほしいと思いますし、次の通信講座2では、細かさを感じレベルアップができるのだと思います。
(年に1回のクリスマス、お正月作品でも工夫や面白さを加えていますので、受講していただけたらご自身のプラスになるのではと思います)
焦って作品をこなしていくのではなく、しっかり取り組んでいただければ、意味を感じていただけるはずです。


「教える」ということは、難しいことだと思うのですよね。
知っていないと教えられなかったり、導かなくてはなりません。
何回か習って、講師になる人もいるようですが、ちゃんと教えられているのかな?
「気軽に教える」という言葉を聞きましたが、私はその考え方を持っていないので、心配になります。
自分の引き出しをたくさん作ってから、講師になることをおすすめいたします。

たくさん書きましたが、つまみ細工には資格制度はありません。
どなたでも、教えようと思えば、教えることができるものです。
皆さんはどうとらえられるでしょうか。
 
c0122475_20360722.jpg
  
こちらは鶫屋HPより一部抜粋したものです。
鶫屋認定講師の紹介、作品、活躍の場を掲載しています。
皆さんのオリジナル作品は美しく、真似できない秀逸のものです。
認定講師は10名いますので、お時間ございましたら、HPからステキな作品をご覧ください。
この方たちの人柄はもちろん、作品への想い、取り組みは、素晴らしいです。



ここ数か月の間に、認定講師受験の志望動機をお送りくださった方が3人います。
とても嬉しく、今から楽しみにしています。
古臭い言い方ですが、情熱も大事。
通信講座や、オリジナル作品を、積極的に取り組んでいただきたいと思います。

試験オリジナル作品は、目の肥えた(現認定講師の作品が素晴らしすぎて)私を驚かせるような内容にしてくださいね。









[PR]
# by tsugumi-ya | 2018-12-06 21:36 | 鶫屋〓つぶやき | Comments(0)

こんにちは。つまみ細工の鶫屋です。12月になりましたね。
本日は、通信講座・新作リリースのお知らせです。



  「ツバキハナヒラク(コームかんざし&帯飾り)」 通信講座3受講済 または同時受講対象
2018年12月20日(木)リリース   予約特典:12月31日受注分まで
〇サイズ(コームかんざし):約14cm(縦)×12cm(横) 
    (クリップブローチ式帯飾り):約10cm(縦)×8cm(横) 
 
c0122475_16592713.jpg
                            左:コームかんざし 右:帯飾り
 


 「梅芯椿の器飾り」 通信講座7受講済 または同時受講対象  ※初回特典で通信講座5受講も対象
2018年12月20日(木)リリース   初回特典:12月7日受注分まで
〇サイズ(器含む):約26cm(縦)×13.5cm(横) 
  
c0122475_17053499.jpg
 



2つ比べて見て、似ている!と思いますよね。
はい。
しべ、つぼみ以外、似ています。
ですが、作り方が2か所大きく異なっていて、比べて作ると、面白い作品です。
どちらの花びらも、今までにはなかった抑揚の付け方ですので、
わくわくしながらお作りいただけると思います。

しかし、共通の部分も2Pほどありますので、その部分は器飾りの椿レジュメを省略して、
両方お求めの方(同時購入)には、少しお値引きさせていくことにいたしました。



どちらも初回特典があります。
●ツバキハナヒラクの初回特典●
色の組み合わせが細かく選べます。
通常は下記のように、花は同色での選択。
 
c0122475_17140630.jpg
 
 
今回の初回特典ではこのような選び方もできます。
 
c0122475_17143157.jpg
 
※葉やペップはわかりやすいように配置してみましたが、この2つは期間以外でも選択できます。

ハナヒラクの方は、前ロットや限定の布が多く登場しています。
濃ピンク、久しぶりに登場(だいぶ少なくなりました)。生産終了しています珊瑚もお出ししました。
黒に見えますが、紺色の葉というのもなかなかステキですよね。


●梅芯椿の初回特典●
12/7までのお申込みで器がオフホワイト、抹茶も選べます。

 
c0122475_17193328.jpg
 
通常は見本と同じ黒のみです。
花の色、葉の色はなくなり次第終了ですが、秘蔵の色からいくつか出しています。
皆さん、見たことのない色が、あると思いますよ。
そして、通常は通信講座7受講が対象ですが、5受講も対象にいたします。



ペップは、ごめんなさい1の見本の「ツヤなし黄」を試作でたくさん使ってしまい、それぞれ先着2名様のみご準備できます。
(今回の作品、ペップをものすごく使いますので、皆さん驚くと思います)
生産終了ではありませんので、「ツヤなし黄」は、また来年入荷できると思います。
ツヤなしサーモンピンクは、限定です!今後は入荷しない色ですので、おすすめさせていただきます。



鶫屋オンラインショップ - かんざし講座等 からご注文いただけます。
こちらをクリックしていただくと「かんざし講座等」のページが表示されます。








[PR]
# by tsugumi-ya | 2018-12-01 18:03 | 鶫屋〓通信講座 | Comments(0)

こんにちは。つまみ細工の鶫屋です。
だいぶ寒くなりました。
関東は木枯らし吹かずに冬になりそうですね。
関西・中部では紅葉のお話しも聞きます。
受講生皆さまとお話しをしていると、全国、いろいろな景色がわかり、嬉しく思います。

さて、本日はステキな作品のお写真をお借りしました。
7年半くらいになりますか?
私と長~くお付き合いくださっているマルコさん。
今回は、お孫さんへのプレゼント。
七五三のための小梅かんざしをお作りくださいました。
 
c0122475_08280114.jpg
 
可愛い!

拝見した瞬間に、言葉になります。
とっても可愛くて、ぽーっと見とれてしまいます。


私は、通信講座で小梅かんざしを拝見する時に、チェックさせていただく部分があるのですが、
どちらもクリア。さすがのマルコさん。
完成度の高さはピカイチですね!

ペップ、パールの表現の仕方も丁寧で美しいです。


お孫さんのヘアメイクされた美容室さんでも、ブログに掲載したいとお話しがあったようです。
とてもステキなかんざしですから、わかります。
写真に撮っておきたいですし、残したい。
私も同じ気持ちでマルコさんからお写真をお借りしました。


小梅かんざしを拝見すると、
マルコさんの「お孫さんのため」という込められたお気持ちが伝わってきますね。
私も胸がいっぱいになってしまいます。
マルコさんからも「誰かのために思いをこめて作ることの幸せを、特に、今回のかんざしが教えてくれました。」とおっしゃっていました。
本当にそうですね。感動です!

マルコさん、お写真ありがとうございました。
これからもステキな作品をお作りくださいね。
鏡餅などのお写真も、楽しみにお待ちしております!


次回は、「かんざし椿花開く」「梅芯椿の器飾り」のご案内をさせていただきます。
器、限定色アリです。お楽しみに!







[PR]
# by tsugumi-ya | 2018-11-29 08:54 | 鶫屋〓通信講座を作ってみました | Comments(0)

こんにちは。つまみ細工の鶫屋です。
札幌に戻ると、積もった雪が溶けていました。
次に降る雪こそは根雪かな?楽しみにしています。

さて、先日終了いたしました、
道新文化センターさんの小学6年生限定のつまみ簪(かんざし)講座。
ブログにも掲載させていただきます。

小学6年生に限定させていただきましたのは、
卒業式に袴を着られるかたが多いとお聞きし、
自分の手でかんざしを作るのも、思い出に残るかな・・・と。

かんざしを作ることは大人でも力が入ることで、
小学生にとってはかなり頑張らなくてはなりません。
ですが、
完成させたときの達成感もありますし、
ご自身が成長した証として、ご両親に見せてあげることができるのではないかなと、思いました。



そして、9名の皆さまに「自分のためのかんざし」をお作りいただきました。
 
c0122475_09250722.jpg
 
1日目2日目ともに、黙々とつまみ、形にしてくださいました。
シーンと静かな教室。集中力すごかったですね!
大人でも7花(しかも8花弁)は1回で作れるかな?というところでしたが、
皆さん7花を完成!(すごい!!)
お時間がある人には下がりも作ってもらいました。

2日目は組み上げと、下がり。
乾いていない下がりの人は、ご自宅での取り付けをお願いしています。
皆さん大丈夫だったかな?(下の不要な黒いひもはカットするのですよ。お忘れなく)


糸を巻く作業では、大人顔負けの細かい人もいて、
びっくりしました!
皆さんのできあがりに、感激!感動!
素晴らしかったです!

親御さんからは「ちゃんとできるか不安でした・・・」との声も。
そうですよね。我娘なら私もそう思います。
ですが、皆さん「聞く力」すごいです!
ちゃんと、説明を聞いて、しっかりこなしてくれました。


2日間、頑張って参加してくださって、ありがとうございました!
道新文化センターさんからは、来年もまた・・・とのお声をいただき、感謝です!
(道新文化センターさんには、いろいろお手伝いいただきました。
お好みの色を選べるチャートを配布・回収など・・・ありがとうございました)


最後に・・・
自宅教室で小学6年生かんざしをお作りいただいたNさん。
袴とかんざしを合わせられたようです。
 
c0122475_09253425.jpg
 
バックにかんざし、横にUピンの花。
オシャレな飾り方で、ステキ・・・♡
参考にしてみてはいかがでしょう?

Nさん、お母さまお写真ありがとうございました!











[PR]
# by tsugumi-ya | 2018-11-27 09:55 | 鶫屋〓教室の風景 | Comments(0)

こんばんは。つまみ細工の鶫屋です。
初雪とともに、積雪なりました。珍しい年です。

さて、インスタグラムでも椿をいろいろアップさせていただいておりますが、
その中からいくつか、通信講座でご案内しようと思っています。
まずは、お気に入りの【梅芯椿】
 
c0122475_21115885.jpg
 


受講生のIさんからヒントをいただき、開いた椿を作ることになりました。
Iさんのリクエストでは、椿らしい「筒しべ」に整えましたが、
「梅芯」にしても大人っぽくステキかな・・・と、梅芯咲きの椿にいたしました。

ちなみに、筒しべの作品「コームかんざし 椿花開く」というネーミングです。
こちらの「梅芯椿」は、一見、「花開く」と同じように見えるのですが、
根本的な部分が違ったり、作り方が異なる部分があります。
鶫屋の通信講座スタイルですね。
私は「方法」や「型」を伝えていますので、似たような花でも、変化があるように工夫しています。
きっと、通信講座受講生なら頷いてくれるでしょう。

表題に書かせていただきました通り、「梅芯椿」は来月予定でリリースをすすめています。
個人的に器飾りにしたいと、思っていまして、今、器を選んでいるところです。
ペップも、ステキな限定色がありますのでお楽しみに。
布地も、秘蔵品からイメージに合う色を探しています。
椿は冬の花ですので、ぜひ、皆さんに飾ってほしいですね。

器が決まりましたら、アップさせていただきます。
※認定講師試験には含まれない作品ですので、目指している方はご安心ください。






[PR]
# by tsugumi-ya | 2018-11-22 21:43 | 鶫屋〓通信講座 | Comments(0)