ブログトップ

つまみ細工鶫屋(つぐみや)つれづれなるまま日記

こんにちは。つまみ細工の鶫屋です。
そろそろ一越ちりめんの反物も薄くなってきました。
さきほど、秋に向けて生産元にオーダーしたところです。
限定の色も1色分けていただけるようなので、お楽しみに♪

さて、本日は、ステキですよ!
通信講座7に登場します「クリスマスローズ」のお写真をお借りいたしました。
ペンネームは「らん」さん。
大阪出張講座にもお越しくださった方です。
 
c0122475_12523697.jpg
 
 
クリスマスローズ、受講生には難しいと言われております・・・


花びらの「感じ」が重要なのかなと、私は思います。
それと、その花の雰囲気。

作品に取り組む前に、「本物」を見たり、画像をチラリ検索してほしいですね。
まず感じてから作り始めるといいものができる気がします。


らんさんのクリスマスローズ。
花びらの重なり方が特に素晴らしいですね。
花びら自体も、よく理解して作られています。

私の思い描いていた通りの出来上がりで、嬉しいです。
らんさん、お写真ありがとうございました!
ステキな作品、これからも見せてくださいね。








[PR]
# by tsugumi-ya | 2017-08-07 12:59 | 鶫屋〓通信講座を作ってみました | Comments(0)

認定講師のみなさまへ



講師ブログ、アップしました。
今回のキットの補足説明と、M先生のキュートなできあがり作品を掲載しています。

お時間のある時にご覧くださいね。



[PR]
# by tsugumi-ya | 2017-08-05 12:14 | 鶫屋〓お知らせ | Comments(0)

こんにちは。つまみ細工の鶫屋です。
先日のinstagramの続き、道新文化センター札幌さんでのつまみ細工講座をアップします。

作っていただいた作品は「こくす」
(こくすは、小さい薬玉のことで、私の造語です。)
前回の講座でお好みの生地をお渡ししていまして、
ご自宅でカットをお願いしていました。
生地サイズにびっくりされた人、多かったですね・・・

あえてのこのサイズですが、
講座終了後には、「可愛いからもう1つ作りたい!」とHさん。
とても嬉しかったです!!
こくすは、小さいアクセサリーにも応用できますので、いろいろ作ってみてほしいですね。

さて、みなさんの作品をご紹介。
c0122475_10184686.jpg
 
 

c0122475_10322698.jpg
 
 
c0122475_10322917.jpg
 
 
c0122475_10185271.jpg





真剣なまなざし・・・
集中して、しっかりお作りいただきました。
c0122475_10185751.jpg
 



昨日のinstagramにも他のみなさんの作品を掲載しております。
こちらクリックください。↓↓↓

次回はメガネチェーン。
今回よりも大きいサイズなので、安心かな。
ビーズワークありですので、頑張りましょう!
10月からは、クリスマス作品に入りますので、そちらもお楽しみに。









[PR]
# by tsugumi-ya | 2017-08-02 10:33 | 鶫屋〓教室の風景 | Comments(0)

こんにちは。つまみ細工の鶫屋です。
札幌は暑かったり、寒かったり、日によって変わりますが、
本日は蒸しますね~!
体調管理には気をつけたいものです。

先週ですが・・・ヴォーグ学園札幌校でのつまみ細工講座がありました。
午前はちりめん生地で作るつまみ細工。
たくさんの布をつまみ、スピードアップしていただきます。

みなさんご準備していただいた色はカラフル。
フォトフレームには、印象的なお花が咲いていました。

c0122475_09293433.jpg
   
c0122475_09293063.jpg
 


特にKさんのお花は翡翠色&オレンジでステキでしたね!
午後の洋風小物&アクセの講座にも引き続き、受講くださいまして、
その時のティッシュBOXもどっきりする色選択。
詳しくは↓↓↓instagramで!


スピードアップ、みなさん上手くできましたでしょうか?
私は、流れに乗ってつまむことも、大事なことだと思っています。
フォトフレームは通信講座にも組み入れている内容です。
基礎をしっかり学ぶこと、かんざしまでのプロセスに必要だと感じています。
















[PR]
# by tsugumi-ya | 2017-07-31 09:31 | 鶫屋〓教室の風景 | Comments(0)

糊(のり)

こんにちは。つまみ細工の鶫屋です。
本日も強い日差し・・・ですが、光がキラキラして見えます!
みなさま、ステキな1日になりますように。

さて、本日はつぶやきブログです。

「糊」
私は「のり」と言っています。でんぷんのり。
鶫屋のつまみ細工にはかかせない存在です。
c0122475_9504476.jpg


5・6年前からでしょうか?
ボンドで作る方法も紹介されていますね。

のりもボンドも一長一短。

私は、作る人の好みで、選んでいただければよいのではないかな、と思います。
のりで作りたくなったら・・・鶫屋通信講座、鶫屋認定講師の講座に、ぜひご参加ください。

のりの練り方はとても大事です。
講座でもしっかりお話ししています。
(通信講座の方は副読本にしっかり書かせていただいてます。)
柔らかすぎても扱いにくく、硬すぎても扱いにくい。
自分にとってちょうどいいのりの硬さ、厚みがあります。

接着のための「のり」ですが、ぽってりつけたり、滑らせるためにも使います。
のりの良さ、他にもたくさんあります。


のりを練る「時間」は、つまみを始めるまでの準備。
心を落ち着かせたり、作る作品をイメージしたり・・・
練るために使う木の板、竹ヘラは、いい状態ののりを作ってくれます。


私は、この準備を通して、すーっと、つまみに入っていくことができます。
つまんでいる間は単純作業にも思えますが、
集中できて、心落ち着く時間です。


昔ながらの方法を選択してつまみ細工を作っていますが、
みなさまにものりの良さを感じていただきたいですし、
のりの扱いが上手くなってほしいですね。


「やっぱりのりっていいね・・・」と、先日、御先生と茶話させていただきました。
御先生は「ひゅっ」と使うこともあると、おっしゃっていましたね。
のりの魅力、改めて感じます。




[PR]
# by tsugumi-ya | 2017-07-26 10:09 | 鶫屋〓つぶやき | Comments(0)